スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防波堤釣り仕掛け

2010年03月22日 13:09

書いておかないと忘れるので書いておく。


【カレイ】
投げ竿:4mの振り出し竿
道糸:ナイロン3号
オモリ:ジェット天秤 20?23号
ハリ・ハリス:ヨリイト、カレイ針(赤色)11号、赤いパイプなどで目立たせておく。 
エサ:アオイソメ房掛け、ちょい掛けを数匹

カレイは群れをなして一箇所に集まっていることが多いのでこの場所をいち早く見つけ出すことがコツ。
アタリがあった場所を覚えておき、そのポイントへ何度も仕掛けを投げること。
のんびり待ってても食い逃げされる確立も少ないので、思う存分食いついてもらってから釣る。


【カサゴ】
ルアーロッド:2m程度
道糸:ナイロン2?3号
中通しオモリ:1?3号 サルカンの上につける。もしくは穴釣りセット。
ハリ・ハリス:カサゴ針
エサ:イソメでもいける

釣り人に探られた穴にはいない、水深数10cm程度の穴にも生息。
テトラ、捨石、堤防の基礎まわりがポイント


【メバル】
4m程度の竿
道糸:ナイロン2号
オモリ:B?3B
ハリ・ハリス:メバル仕掛け
エサ:イソメをチョン掛け、ワーム

港内で十分。堤防の先端やヘチ、テトラまわり、スロープや係船まわり。コマセ不要。
[参考]ガン玉の種類と重さ


【ウミタナゴ】
道糸:ナイロン2.5?3号
オモリ:ナス型オモリ3?5号 サビキの先にスナップでセット
シモリ玉にボールウキ コマセ袋
サビキは魚皮かスキン系。サビキセットを買えばそのウキを活用すればいい。
エサ:アミエビ
コマセ:冷凍アミコマセ

アミコマセをコマセカゴに8分目ほど詰める。堤防際にオモリを落として着底したら20cmほど底から巻き上げてコマセを振る。コマセが周囲に帯を作るようになればあとは置竿でアタリを待つだけ。



とりあえずここまで。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://frick312.blog8.fc2.com/tb.php/64-9fc81141
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。